はとバスで東京のいちょう回廊見てきたよ!

行ったところ

「いつかは乗って、東京観光してみたい」と思っていた、はとバス。
しかし気が付けば上京から10年・・・。そして地元に帰ろうとしている。

はとバスに!!乗らずに!!地元に帰れるか!!

ということで、はとバス予約して、一人で乗ってきました。

はとバスの2階建てオープンバスに乗る

今回参加したのは、2階建てオープンバスで行く、東京いちょう回廊ツアー。

最初はぜんぜん「空席あり」だったのに、気が付いたらほぼ満席という人気っぷり。
当日も、3台のバスがほぼ満席なんじゃないの?ってぐらい人が乗っていました。

しかしながら、この狭さ。
上がオープンだからか、座席は空けずにギュウギュウ。

コロナ禍が緩和したとはいえ、はとバス、攻めますな。

1時間の東京観光を兼ねた、いちょう回廊ツアー

秋晴れのなか、出発ー!
天気が良くて、本当によかった。

で、私知らなかったのですが、バスガイドさんずーっと通る道の解説してくれるんですよ。

皇居にかかっている橋の名前や由来、右手に見える銅像が誰でなぜ建てられているのか、全都道府県それぞれに代表する木がある話、「この門から愛子様は、初等科に通われたんですよー」などなど。

てっきり「いちょうだけ見に行くツアー」だと思っていたので、予想外!

完全に大人の校外学習。
「東京」を知るうえで、はとバスは乗っておくべき・・・!!

(というか、上京した時点で乗っておくべきバスだわ、これ。)

神宮外苑銀杏並木をオープンバスで満喫

さて、メインの神宮外苑銀杏並木ですが、まさに通るだけ。

「だったら、駅から歩いた方が良くない?」
と、私も思いましたが、結構ゆっくり走ってくれるんですよ。

そのおかげで、めちゃくちゃ写真取れました。
青空に映えてとっても(・∀・)イイ!!

なお、歩道は平日にもかかわらず、結構な人手。
外苑前まで電車で乗り継ぎ、座る場所も無くずっと歩いて、周りの人にもぶつからずに気を使って・・・ということを考えると

バスで座ったまま、東京のうんちくを聞きながら、青空といちょうと、都会のビル群を満喫できる!
はとバス最高!!

という結論に。
2100円の元は取れました。

11月の2階建てオープンバス、寒くない?

ちなみに私もすっごく気にしていた「寒くないか?」問題。

結論、寒いです。
日差しがあったからまだマシでしたが、12月からの夜のイルミネーションとか、絶対クソ寒いと思います。

首元を温めるマフラーは必須。
夜は帽子あったほうが絶対良さそう。
あとひざ掛けか、ひざまで来る暖かいコートで行くのが吉。

完全武装でオープンバスを楽しんでね!!
機会があったら、今度は母を連れて、はとバス乗りたいなぁ。

タイトルとURLをコピーしました