子宮全摘して1年経った感想

子宮筋腫の記録

早いもので、子宮全摘手術をしてから1年経ちました。

手術前に気になって調べたことを中心に、私の「子宮全摘手術1年で感じたこと、わかったこと」の感想をまとめました!

えー、一言にまとめるとすれば

『1年後、普通に生活してるわ!!!』

子宮全摘1年で感じたこと・わかったことまとめ

生理の存在は、瞬く間に忘れた

あんなに長く付き合った「生理」の存在。

意外と早く忘れました…

っていうか「次の生理いつだっけ?」と思うのが、スーパー銭湯に行くタイミングぐらいです。

それ以外は、マジで忘れてました。

生理が無くても、イライラする日がある

ただ、卵巣が残っているせいか、PMSのような症状が出ています。

なんの意味もなくイライラしたり、やたら食欲旺盛になったり。

以前なら「ああ、生理が近いな」とすぐピンと来てたんですが、

生理がない今は「ひょっとして排卵後…?」と気がつくのが遅い(´・ω・)

そのため、私の訳のわからないイライラのとばっちりを、旦那が受けています。

めんご☆

子供が産めない悲しみVS開放感

時折「もう私は、どんなに望んでも子供を産めないんだ」と悲観的になる事が、あります。

子宮があったところで、現実的には産めないんですけどね。無いものねだりをしているだけなんです。

そんな悲壮感とは逆に

もう、「血が漏れてるか?」って心配する必要が無い!

「ナプキン忘れた」「次の生理はいつ?」「貧血でフラフラ」「トイレが近くて心配」なんて煩わしさが、一切ナッシング!!

腹の差し込みも来ない!!生理痛で動けなくなったりしない!!

ヒャッハーーーーー!!!!!

…という解放感もあります。

むしろ解放感のほうがハンパない。

普通のパンティが履けない

傷口記録を見ていただけると判ると思いますが、1年経っても、私の傷口は盛り上がっています。

しかも痒い。

この1年。ずーーーーっと、グンゼの「メディキュア ハイウエストショーツ」だけ履いています。

というか、傷口にゴムが当たるおパンティは、履けません。

痒くて!!!

もういっそ、全部捨てて、ハイウエストショーツだけにしようかと思っているぐらい、普通のショーツは無理です。

紐パン、Tバックも論外です。無理。

子宮筋腫を取っても、腹は凹まなかった

何を言っているか解らないでしょ?

私も1年前は同じ事、思ってました。

でも、子宮筋腫を取っても、腹は凹みませんでした。

むしろウエストの最大値を更新しました。

いいかい?

子宮や子宮筋腫を取った後の腹の隙間には、脂肪が入るんだよ…!!!!!(涙)

腹筋は1年諦めたほうがいい

子宮筋腫があった場所に脂肪が入るなら、その前に腹筋して腹を締めたらいい!

…って思うじゃん?

なので私も、主治医に「いつから腹筋していいですか?」なんて、よく聞いていました。

しかし、運動すればするほど、傷は痒くなり、赤黒く…

私の傷の治りが遅い理由の一つに、「無理やり運動した」というのもあると思います。

それでいながら、現時点でも腹は凹んでおらず、退院時の体重にも戻っていないの

正直、腹筋は1年待った方がいいと思います。

暴れるだけ無駄だし、傷が治りにくいっぽいです。諦めましょう。

傷跡テープはやった方がいいし、色々試せ!

私は「アトファイン」という傷跡テープで、手術跡をケアしていたんですが、

途中で肌が荒れてしまい、そこからこまめに貼るのが面倒になって放置しまくってました

これも、1年経っても傷口が綺麗になっていない原因だと思うんですよね。

肌が荒れた時点で、なぜ他の傷跡テープを試さなかったんだろう?と後悔しています。

めんどくさかったからなんだけど…

その「めんどくささ」が、1年経っても傷口が痒いままにしたんです。

「傷跡テープは、ま、いっかー」と思ってるなら、今すぐ考え直してください。

何種類かあるから!!1年後の自分のために試した方がいいと思う!!

 

以上、子宮全摘の開腹手術から1年経った感想でした。

今日も傷が痒い!(;д;)

タイトルとURLをコピーしました