【閲覧注意】開腹手術の傷の治り方6か月後~1年(傷跡公開)

子宮筋腫の記録

開腹手術の退院後~6か月まではコチラのページへどうぞ!

ここからは術後6か月~の傷口を公開しています。

開腹手術後の傷の治り方6か月後~

※超生々しい写真が続きます。
苦手な方は今すぐバックしてくださいね!

7月4日(術後5か月と3週間あたり)

アトファイン貼らずに、3週間経っていました。

「意外と平気じゃん?!」と思っていたのですが、他の人の傷口を見ると、自分の状態が『肥厚性瘢痕』みたいな状態になっているっぽいことに・・・ここで気がつきました。

どおりで痒いとおもったよ!!( ;∀;)

でも、このまま自然に治ることもあるらしいので、アトファイン適当に貼って様子見することに。暑いし。

7月30日(術後6か月と2週間あたり)

アトファイン効果か、赤みが落ち着きました。

ただ、アトファイン貼ったところは、相変わらず皮膚が弱くなっています。

ちなみに、アトファイン貼っても貼らなくても痒いです!!

8月9日(術後6か月と3週間あたり)

本当に赤みが落ち着いてきました。

いやぁ一時期はどうなるかと思ったけど、意外となんとかなるもんですね。

ちなみにこの時「汗拭き用タオルが無いと、出勤までにハンカチが汗でダメになる」ぐらい汗をかいて出勤していました。

去年さすがにここまで汗をかかなかったので・・・。卵巣1個無い分のホルモン関係ですかね?どうなんだろう?

8月24日(術後7か月と1週間あたり)

なんか、上の方の傷に、うっすら白い線が見えるように!!

傷も、表面を触るとボコボコしていて、治っているところと、まだまだなところがある状態。

ちなみにナイトプールに行ってみましたが、アトファイン+ワンピースの水着で、痛くもかゆくもならず、平気でしたヾ(*´∀`*)ノ

9月4日(術後7か月と2週間あたり)

プール行って傷は悪化するか?!と思いましたが、全くその気配なし。

むしろヘソに近い方は、どんどん白くなっています。

ただし、めっちゃ痒い。

痒いうえに、傷周りの皮膚の薄皮が剥けるので、しばらくアトファインを貼らないで放置。

9月13日(術後7か月と3週間あたり)

もうヘソに近い方は、だいぶ薄い線になってます!

ヾ(*´∀`*)ノワーイワーイ!!

傷の腫れも収まってきた印象。ただし痒い。めっちゃ痒い。特に下が痒い。

ちなみにこの画像前あたりから、スクワットとウエストを細くする運動開始。

10月10日(術後8か月と3週間あたり)

写真では見えませんが、赤い傷のてっぺんに、うっすら白い線が全体的に見えています。

傷の色もどんどん落ち着いてきて、「こうやって治るんだ?」と確認できるぐらいに。

アトファイン貼らずに、スクワットや、ウエストをひねる運動をしてもコレです!

意外となんとかなるもんです(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

ただし、毎回書くけど痒いです。
あと、傷の下の部分のほうが上より治りにくい印象。

10月21日(術後9か月と1週間あたり)

10日前に比べて、だいぶ色が薄くなりました(*´∀`)

また、お腹が傷を中心に全体的に凹んでたんですが、あまりその凹みも感じなくなったような・・・?

(周りの肉と同調してきた・・・)

傷の周りの皮膚もだいぶ回復したので、アトファイン復活。

11月23日(術後10か月と1週間あたり)

結局アトファインが痒くなってしまい、冬特有の皮膚カサカサも始まって、もう諦めモード。

へそ近くだけが、めっちゃ順調に治っています(笑)

1月4日(術後11か月と2週間あたり)

凄い勢いで写真撮るの忘れていました。

そのぐらい「傷があって当たり前」「ここは痒くて当たり前」になってしまい…

そりゃ傷口も変わり映えしないよね!

1月17日(術後1年)

はい!!

これが私の、「開腹手術・術後1年の傷跡」です!

同時期に手術された方々の写真と見比べると、結構赤みが残ってダメな方ですね。

(´∀`)ハハッ

あとで、手術1年後の感想もまとめますが、多分焦って中途半端な筋トレしたのと、

アトファインと肌の相性が悪かったのに、他の傷跡テープを試さなかったのが原因かと。

とりあえず1年で傷跡写真は一旦区切ります!

露出狂の腹の閲覧(笑)、ほんっとうにありがとうございました(。>∀<。)

タイトルとURLをコピーしました